2022年6月8日(初日)

開幕3戦目の今回はいよいよ富山でもFTシリーズが始まる。今回は最近勢いに乗る坂井洋を筆頭に古今東西の実力者がひしめく激戦模様。ベテランになってきた山崎芳仁や成田和也の遠征勢に加え、特進してきてS級2戦目の北井など、目が離せない3日間になりそうだ。

  10R 11R 12R
結果
※◎=一押し、○=二押し、△=三押し

  8R 9R 10R 11R 12R
結果
※◎=一押し、○=二押し、△=三押し

8R/前回初決勝の太田龍希が初の富山33バンクで風を切る。
9R/力的には伊藤信で間違いなさそうだが、調子は最高と話す阿部架惟斗を穴狙いで推してみたい。
10R/橋本優己が初日4連勝目できっちりと。
11R/北井のラインが有力だが、中井俊亮にも意地がある。
12R/山崎芳仁がライン4車で脚試しの先行を打てば番手の成田が有利になる。
8R 9R 10R 11R 12R



 


●2022年6月9日(2日目)

初日は49万の高配当が飛び出したが、K5にいたっては大きな波乱もなく手堅く決まった印象。この勢いなら2日目のレースも固く決まりそうだが。

  10R 11R 12R
結果
※◎=一押し、○=二押し、△=三押し

  8R 9R 10R 11R 12R
結果
※◎=一押し、○=二押し、△=三押し

8R/古屋琢晶が真船圭一郎との2分戦を制して逃げ切る。
9R/ここは太田が負けられない一戦。
10R/木暮が久しぶりに捲りで快勝。
11R/目下絶好調の橋本が今回も決勝に進出。
12R/北井を利する成田が伊藤信を止めてきっちりと。
8R 9R 10R 11R 12R



 


●2022年6月10日(最終日)

2日連続で配当が出てここまでキャリーオーバーはなし。このまま3日目も終われるか。S級決勝は南関の新鋭・北井が連日快調に風を切り、決勝でも戦法に迷いはない。山崎芳仁率いる北日本や、単騎の中井俊亮がどこまで迫れるか。逆に番手を得た木暮は久しぶりの優勝へ向けて北井の番手で期待は高まる。

  10R 11R 12R
結果
※◎=一押し、○=二押し、△=三押し

  8R 9R 10R 11R 12R
結果
※◎=一押し、○=二押し、△=三押し

8R/点数的にも実力的にも伊藤信が負けられない一戦に。
9R/2日目の捲り一閃で息を吹き返した太田龍希が最終日も勝って連勝締め。
10R/決勝を逃した橋本優己の気持ちが切れてなければ頭は固い。
11R/調子は良くないと話す吉川起也だが、地元の気合いで優勝をたぐり寄せる。
12R/山崎芳仁と中井俊亮が競ってくるのはなさそう。そうなると北井の番手から無風で木暮が久々の優勝を飾る。
8R 9R 10R 11R 12R



 
中部出版印刷株式会社
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。